​放置竹林を解決!

​福岡

2019 スタート

​発案から実行まで約1ケ月

もともとはメンマーズは、地域の遊休山林を活かして

自然を満喫しながら地域のランドマークを作ろうと集まった任意の集まりです。

自然体験のイベントを開いたり、手作りのマウンテンバイクロードをつくったりと、小規模ながら活動していました。

メンマ作りのきっかけは、マウンテンバイクロードに竹がおびただしく生えてきており、何とか解決できないかと思案していたことです。

偶然テレビで同じ福岡糸島市で放置竹林を国産メンマにしている活動を目にして、即座にその会社であるタケマンさんに連絡を取り、事情を説明したところ即座内容を説明していただきました。マウンテンバイクロード周辺の竹林も大変問題になっていることも知っていたので、特に迷うことなく、この地域でもやろうということになりました。ただ問合せ時期が収穫時期直前だったこともあり、研修から加工場作り(といっても完全手作り)まで1ケ月というバタバタの中スタートしました。

想像をはるかに超える過酷さ

はじめる前は、経験したことがないだけにどれほど大変かとは想像していませんでいたが、とにかく過酷。早朝から山に登り2メートルほどの若竹を何本も伐採し、酷暑の中で皮むき、アク抜き

天日干しの作業を繰り返す。

​仕事の開始前、終了後にこれらを繰り返すのは、とにかく過酷の一言でしたが、自分達の活動エリアの資源が商品として生まれ変わる過程を体感していることが楽しくもあり、ひとシーズンやりきれることができました。

【メンマの虎】誕生

当初私達は、遠賀地区の加工場で一連の作業のうち、アク抜き、天日干しまで行い、乾燥状態のものをタケマンさんいお渡しして終了する予定でした。

しかし、メンマーズの中で折角ここまでやったのだから遠賀郡の知名度の向上につながるような地区特融の味付けメンマを作りたいという話になりました。

とはいっても単なる話題性に頼ることなく、市場にキチンと評価されるものではいけないということで、またもやタケマンさん相談したところ、こころよく協力したいただきました。この地区の発展をささえた炭鉱の黒、これから生まれ変わる為の情熱の赤をイメージできるようにと、濃い口の煮込み醤油味、辛口のメンマを製造したのです。

​商品化したいと思った動機の中に、研修を受けた時、メンマの素材としてこの地区の竹は大変素材が良いと褒めてもらったことも大きかったと思います。

販売開始!

​​半年で1000個!

商品化したものの、はじめから爆発的に売れるものとは考えていませんでしたので、地域の中に知ってもらうことから始めようということで遠賀郡団の会員さんの味人(中間市)においてもらい、あとはメンマーズ内で販売していました。

​新聞、テレビに取り上げてもらったことがきっかけで、行政の方の目に留まり、それがきっかけで、東京の二子玉川で行われたイベントにも出品させていただくなどの追い風もあり、当初全く想定していなかった1000個をお買い上げいただくことができました。

2020 全国目指す!

パッケージリニューアル

​地場ラーメン

2019年の春は、私達はこの展開になるとは正直想像していませんでした。ただ今現在、小さくても良いので活動を継続していれば、希望が差し、それが原動力になること、発展する可能性も残ることを身をもって感じました。

2020年も結果をおそれずにやれることに取り組もうと思います。

まずは、全国展開する為にパッケージをリニューアルすること。これはクラウドファンディングを利用させていただくことにしています。

​そして6次化として地場ラーメンを作ること、味付けメンマの漆黒と炎上の味を想起することができる魚介醤油味、辛味玉のスープをタケマンさんの協力のもと店頭提供用として試作しました。これは味付けメンマの時と同様に地域に知ってもらうことから始める予定です。

クラウドファンディング ご支援者の方のご紹介

遠賀メンマーズでは、メンマの虎のパッケージリニューアルに際し、クラウドファンディングをさせていただきます。

以下にはご支援いただきました皆様をご紹介させていただく予定です。

​掲載予定 2020.7月~

​地域密着型情報サイト

startup2018

  • 遠賀郡周辺の地域活性化GP遠賀郡団フェイスブック
運営事務局:一般財団法人中間ゼネラル

住所:福岡県中間市上蓮花寺1-2-1

電話:093-244-6500